• 恵比寿南橋デンタルクリニック
  • 当院の症例紹介
  • 当院の治療方針
  • 東京都渋谷区|診療予約|恵比寿南橋デンタルクリニック
  • Implant Guide

歯周病との関係

歯を失う原因……知ってましたか!?

ご高齢の方の中には入れ歯やブリッジを行っている方が多いかと思います。日本の場合、80歳以上の方は平均4~5本しか自分の歯が残っていないそうです。この原因を「年齢のせい」としてしまうのは簡単ですが、果たして本当にそうなのでしょうか? 欧米諸国では80歳以上でも平均20本以上の歯が残っているという事実からも、考えを改めるべきでしょう。

インプラントを長持ちさせるために

歯を失う原因とは?

左記の表からもわかる通り、歯を失う原因の1位は「歯周病」です。この結果は、歯を失ってしまった方の多くは、実は歯周病が原因であることを物語っています。では、歯周病とはどんな病気なのでしょうか?

あなたは大丈夫?歯を蝕む歯周病の恐怖!

あなたは大丈夫?歯を蝕む歯周病の恐怖

「歯周病」とは、歯垢を媒介して発生した歯周病菌によって顎の骨が溶かされてしまう病気です。初期症状では歯肉が腫れるだけですが、この段階では自覚症状がないため気付かれないことがほとんど。痛みに気付いたときには顎の骨が溶かされて歯がグラグラになり、抜歯以外に治療法がなくなっていることが多いのです。日本人の成人の8割が歯周病にかかっていると言われています。

あなたの歯は、本当に大丈夫でしょうか?

インプラントも歯周病になる!? インプラントと歯周病の関係とは。

インプラントは人工歯であるため、虫歯にかかることはありません。しかし、充分なケアができていなければ、歯周病菌に感染してしまいます。インプラントがかかる歯周病を「インプラント周囲炎」と言い、これを放置するとインプラントが抜け落ちてしまいます。それを防ぐために、インプラント治療後のケアはもちろん、治療前に歯周病を完全に治すことが求められるのです。インプラント治療をお考えの方は、その前に歯周病の検査を行うことを心がけましょう。